求める人〜社長からのメッセージ〜

 私は大学を卒業後、当社に入社し、校舎スタッフからスタート。その後、校舎の責任者、エリア責任者、全県統括責任者などを経験してきました。生徒や保護者の方からいただく信頼や感謝の気持ちに触れると、「世の中の役に立っている」ということを心から実感でき、非常に誇りが持てる仕事であると思いました。そして、自分のやりたいことに思う存分挑戦できる、そんな社風が大好きです。

 学習塾の校舎運営は、「小さな会社経営」とも言えます。若い社員もある程度の裁量権を持って、理想の校舎像の実現に向けて校舎運営を行います。もちろん成功だけでなく、失敗することもありますが、その成功体験、失敗体験が、かけがえのない財産になっていくのです。 私が初めて校舎の責任者になったのが入社3年目。校舎責任者に必要な能力で欠けているものもあったと思います。でも、それを身に付けるために必死に頑張ったことで早く成長できたように思います。

すべての × にする

 私たちの行動哲学は、「すべての×(バツ)を〇(マル)にする」です。
 私たちが事業活動を行うに当たって、何の障害も、何の困難もなく、たやすく成功したり、目標や望みが達成されることは稀です。むしろ私たちの望むものや目標が大きければ大きいほど、障害や困難は大きく存在するものだ、ということを前提に事業活動を行わなければなりません。リスクを恐れすぎたり、できない理由を並べ立てたり、あきらめたりするのではなく、どうすれば目の前の障害や困難を乗り越え、私たちが望むことが実現できるのかをとことん考える。そして「やる!」と決めたことは必ず成し遂げる。NSGアカデミーはそんな強い意志と行動力を持った人間集団をめざしています。

 会社は「人」で成りたっています。人が教育理念を掲げ、人が教材を作り、人が部下や生徒といった人を育成するのです。よって、私は社員を頼りにします。入社1年目の新入社員も頼りにします。入社1年目であってもすばらしい考えを持ち、強い意志と行動力を備えた社員がたくさんいることを私は知っています。そんなすばらしい戦力を会社として見逃してしまうのはもったいないことです。入社1年目であっても遠慮せず、存分に力を発揮してもらいたいと思います。このような考え方に共感する社員とともに、同じ目標に向かって突き進んでいきたいと思います。


PAGE TOP